スープ・汁物

最後にお椀に春を浮かべます。ホッキ貝と新玉ねぎのお吸い物の作り方。

こんにちは、赤間です。

今回は、「新玉ねぎとホッキ貝のお吸い物」のレシピを紹介します。

料亭のような本格的な味がご家庭で再現できます。

最後のふきのとうの葉を浮かべることで、春を感じられるお吸い物です。

いつもの食卓のマンネリから抜け出せると嬉しいです。

ぜひ作ってみてください!

作り方を動画で見たい場合はこちらからどうぞ▼

材料(2人前)

  • ホッキ貝 2枚
  • 新玉ねぎ 1/2
  • ふきのとう 葉6枚
  • 水 360cc
  • 塩 3.6g
  • かつおだし 2g
  • こんぶだし 3g
  • しょう油 小さじ1/2

塩はお水の量の1%です。面倒くさいかもしれませんが、きっちり計ると確実に美味しくなりますよ。

作り方

それではさっそく作っていきましょう!

1、ホッキ貝を切ります

ホッキ貝をスライスします
ある程度大きく切った方が食感が残っていいですね。

2、新玉ねぎもカットしておきます

新玉ねぎもカットします

玉ねぎは後でミキサーにかけるので、適当に小さくカットしておいてください。

3、ふきのとうの葉を10秒茹でます

お湯を沸かして、ふきのとうを10秒茹でます。

お湯の量に対して2%の塩を入れておくと、茹で上がりが綺麗な緑色になりますよ。

茹でたらすぐに水に入れておいてください。変色を防ぎます。

4、ミキサーで玉ねぎをすりおろします

ミキサーに玉ねぎを入れてガーってやります。

分量の水360ccからちょっとだけミキサーに入れると早くすりおろせます。

5、鍋に水、玉ねぎ、ホッキ貝、塩、ダシを入れます

鍋にしょう油以外の材料を入れて、火にかけます。

アクが出たら取ってくださいね。

ひと煮立ちしたらしょう油を入れて、お椀に盛り付けます。

6、ふきのとうを切って浮かべる

ふきのとうを細かく切ります
ふきのとうをギュってしぼって水気を切ります。

そしたら、細かく切ってお椀に浮かべて完成でーす!
お椀が完成した様子

一緒に食べたいおかずの紹介

今回の料理に合わせたオススメのレシピも紹介しますね。

「鶏肉の塩からあげ」と「トマトの香味油がけサラダ」です。

簡単に衣がサクサクになるので、家庭で出したらかっこいいです。

みなさんの食事の時間がより楽しくなりますように!