プログラミング

Progateの次はSkill Hacksがオススメな理由

こんにちは、タケルです。未経験からweb制作を始めました。

プログラミングをProgateから始める人が多いと思うんですが、Progateの次に何やればいいか悩んでないでしょうか?

実はこの悩みは「あるある」でして、プログラミングの中級者向け教材って基本的にないんですよね

  • 初心者向けの本を買ったのに分からない
  • まず何からやるべきなのか分からない
  • 分からないことたくさんあるのに、教えてくれる人がいない

僕も同じように悩んでいたんですが、Skill Hacksという教材を受講したらそんな悩みが解決したので、みなさんにも紹介したいと思います。

Skill Hacksって何?

Skill Hacks(スキルハックス)とは、フリーランスエンジニアの迫佑樹さんによるプログラミング初心者向けの教材です。

「絶対に挫折させない」をモットーに分かりやすい説明と徹底的なサポートで初心者から中級者へとレベルアップさせてくれます。

学べる言語

この教材では以下の言語(とフレームワーク)を基礎から勉強できます。

  • HTML&CSS
  • Bootstrap
  • Ruby
  • Ruby on Rails

イチから教えてもらえるので、「知らない言語が入ってるな」と心配する必要はないです。

教材の内容

講座は10〜15分くらいの動画で構成されています。こちらの無料サンプルを見てもらえればクオリティの高さが分かると思います

図解があったり、実際の画面を見ながらの解説なので分かりやすいですよね。このクオリティの動画が全部で94本あります。

※追記
随時動画が追加されており、現在は約100本あります。今後も不定期ですが追加されていくと思います。

この教材を購入すると何ができるようになるの?

レッスン全体を通して、以下のアプリを作ります。

Skill Hacksで作成するアプリ
  • 自己紹介サイト
  • おみくじアプリ
  • 足し算アプリ
  • 名前管理アプリ
  • メモアプリ

やってみると割と簡単に作れてしまうことにビックリしました。実はProgateが終わっていたら上記のアプリの8割くらいは作れちゃうんですよね。でも、「作ってみて」と言われても出来そうなイメージが浮かばないんじゃないですか?

Skill Hacksでは実際にサイトやアプリを作成しながら教材を進めていくことで、いかに知識を実践するかという部分にフォーカスされています。

Skill Hacksの価格

Skill Hacksは69,800円(税込)で購入できます。

Progateを月額1,000円くらいでやってきて突然この金額は「高いっ」って思ってしまいますね。でも、一般的なプログラミングスクールよりとても安く抑えられてるんです。

就活サポートはありませんが、動画内で案件の受注の仕方や提案分の書き方を教えてくれるのでプログラミングを収益化することも十分可能です

Skill Hacksがオススメな3つの理由

Skill Hacksは次の3つの理由からProgateの次にやる教材としてオススメです。

  1. 環境構築が身に付く
  2. アプリの作成→公開までできる
  3. 無制限のチャットサポート

環境構築が身に付く

Progateは「ここにコード打ち込んでね」という画面があるので、コードを打つことだけ考えてればOKでした。でも、いざプログラミングしてみようと思ったら自分のPCにコードを打ち込む環境を設定するところから始めないといけません。これを環境構築と呼ぶのですが、ハードルが高いんですよね。

例えば「Ruby 環境構築」とかってググってみてください。Homebrewだのrbenvだの難しそうな言葉がずらーっと並んでますよね。Progate終わったばかりで次のステップがこれだったら諦めたくなりません?しかもまだコード1行も打ってないんですよ。

Skill Hacksでは環境構築から教えてくれるので、心配いりません。しっかり自分のPCでプログラミングができるようになるので「脱Progate」できます。

アプリの作成→公開までできる

プログラミング始めたばかりって「これからどうやって勉強したらいいんだろう」って悩んじゃいますよね。よくある答えが「学んだことをどんどんアウトプットしよう」です。何かアプリを作ってみたりサイトを公開してみたりですね。

でも、入門編を学んだばっかりで「こんなアプリ作りたい」ってイメージできる人なんてそんなに多くないですよ。ほとんどの人は色んなアプリの作り方まで教えてもらったほうがありがたいはず。

Skill Hacksで作成するアプリは上記で紹介した通りです。きっちりと作り方が学べることはもちろん、「この作り方を応用して今後はこんなアプリを作ってみましょう」というアドバイスもくれます。

まずはプログラミングスキルを身に付けたいので、どんなアプリがいいかなってアイデアの部分で悩まなくていいのは助かりますね。

アプリの公開方法も学べる

作成したアプリの公開の仕方も抜かりなく学べます。公開の仕方もProgateではやりませんでしたよね。

公開できれば誰かに自分の作品を見てもらえるので、上記のアウトプットも自然とできてしまっているというわけですね。

これで環境構築→アプリ作成→公開という一連の流れをマスターしたことになります

無制限のチャットサポート

受講中に分からないことがあったら迫さんにLINE@で直接質問ができます。

分からないことはググるというのが一般的ですが、初心者のころって上手くググれないですよね。

  • どんな言葉で検索すればいいかわからない
  • 応用じゃなくピンポイントで解説してくれないとダメ
  • 説明に使われてる用語を知らないので理解できない

分からないことを解決できないって初心者の大きな挫折ポイントなんですが、Skill Hacksなら迫さんに質問したらピンポイントで解答してくれますチャットじゃなく通話した方が早いと思ったら会話しながら教えてくれるケースもあるみたいです。

とにかく徹底的にサポートしてくれるので、「絶対に挫折させない」という言葉通りだと感じました。

こんな人にはオススメしない

次に当てはまる人はSkill Hacksはオススメしないと感じたので説明しますね。

  • Rubyを使う予定がない
  • 作りたいアプリが明確
  • まだ独学にトライしてない

Rubyを使う予定がない

Skill HacksはあくまでRubyとRuby on Railsの基礎講座なので、将来的にRubyを使わなそうならわざわざ受講しなくてもいいですね

「プログラミング 言語 おすすめ」って検索すると大体Rubyが上位に出てきますが、だからといって必須なわけではないですから。Rubyを学ぶ理由があるかどうかの判断は重要です。

HTML&CSSも学べますが、無料で勉強できちゃうのでそのためだけに購入するのはちょっとオススメしません。HTML&CSSだけ勉強したい人は「30日間トライアル」をやってみるといいと思いますよ。

作りたいアプリが明確

基本的に教材の指示通りにメモアプリを作っていくので、必ずしも作りたいアプリが作れるわけではありません。

もちろん学んだ知識を活かして作ることも可能だと思いますが、あくまでRubyの基礎を学ぶことが目的の教材です。具体的に「こんなアプリが作りたい」という目的が明確だったら、そういったサポートをしてくれるスクールに入った方が確実だと思います。

例えば、テックアカデミーyのWebアプリケーションコースはカリキュラム内でオリジナルアプリの制作を行います。専属のメンターがサポートしてくれるのでオススメです。

まだ独学にトライしてない

Progateからプログラミングを始めると「プログラミングはサービスを購入して勉強するもの」というイメージがあるかもしれませんが、そういうわけでもないです。

ネット上に無料で良質な情報はたくさんあるので、自分でググりながらやってみたらできるようになったという人もいるはずです。そういう人は受講料がもったいないですから、まずは独学でできるところまでやってみましょう

まずはRubyの環境構築をやってみてください。それができたらProgateでやったことを自分のPCで再現してみましょう。

上記がスムーズにできたら自分なりにアプリをアレンジしたり、それを公開してみるといいと思います。

Skill Hacksは割安とはいえ69,800円はポンと出せる金額ではないですよね。まずは独学でお金を使わずに挑戦してみたほうがいいですね。

まとめ

Skill Hacksのいいところは脱初心者に特化しているところですね。

教材のレベルや金額がこれからプログラミングの道に進みたい人の一歩めにちょうどいいです。

「Progate終わったけど次どうしたらいいんだろう?」と悩んでる方にはオススメです。